まとバラ > 012ドラマ
012ドラマ

阿部サダヲ主演『心がポキッとね』に「期待外れ」の声続出、山口智子の演技は「昭和すぎる」と微妙な評価【日刊サイゾー

mizuharakiko0409.jpg
水原希子
 8日にスタートした阿部サダヲ主演連続ドラマ『心がポキッとね』(フジテレビ系/水曜22時~)に、多くの視聴者から「期待外れ」との溜め息が漏れている。  同作は、阿部、水原希子、藤木直人、山口智子が演じる“病んでる系男女”が繰り広げるラブストーリー。小泉今日子と中井貴一がW主演を務めた『最後から二番目の恋』(同)シリーズのスタッフが再集結し、脚本も同じく「大人の恋愛を描かせたら、右に出る者はいない」といわれる岡田惠和氏が手掛ける。  初回では、仕事も家庭も失い、ホームレス同然の生活を送っていた主人公(阿部)を、家具店のオーナー(藤井)が救うも、主人公の元妻とオーナーが恋人同士であることが発覚。主人公の一人語りや、藤木と山口演じる恋人同士のキスシーン、水原演じる無職女性のガサツな人柄などが描かれた。  初回の平均視聴率は、10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とイマイチ。昨年放送された『続・最後から二番目の恋』の初回が14.0%だっただけに、寂しいスタートとなった。  また、ネット上では「期待してた心が、ポキッと折れた」など、がっかり感を訴える視聴者が続出。最たる原因は脚本のようで、「ストーリーがめちゃくちゃ」「設定が不自然すぎて、滑ってる」「正直、つまらない」「岡田恵和は当たり外れが激しい。今回はダメパターンかな」「サダヲの無駄遣い」といった声が目立つ。また、アクの強いキャラのオンパレードに、「イラッとするキャラは、1人で十分」「ストレスが溜まって、1時間も見てられない」という意見も。  さらに、女性キャストの演技も話題に。『ロングバケーション』(同)以来、19年ぶりのラブストーリーに挑戦する山口について、「演技も外見も、良くも悪くも昔のまま」「『ロンバケ』の南(山口の役名)にしか見えない」「昭和の演技。好みが別れそう」といった感想が見受けられる。  一方、がさつでストーカー気質の無職役の水原は「ハマり役」とあらかた好評で、「演技は山口よりいい」「演技、上手だったんだ」「見直した」という声も。 「阿部の主演作なだけあり、放送前には期待感を募らせる声が目立ったが、放送後は一転。がっかりしてしまった視聴者が多かったようです。岡田氏の脚本は、ありえないほどの偶然を描くことも多く、『続・最後から二番目の恋』の初回でも“2人の主人公が偶然フランスで再会”という展開を描き、物議を醸した。今回も、偶然の出会いから始まっているため、ドラマの世界観に入り込めない視聴者もいるようです」(テレビ誌記者)  15日からは、裏番組として堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)がスタートする。 「次回以降、いよいよ『Dr.倫太郎』との“水10”視聴率対決が始まる。『Dr.倫太郎』には、ヒット作続きの堺のほか、蒼井優や吉瀬美智子といった人気女優が出演。日テレも大規模な宣伝を展開していますから、『心がポキッとね』は視聴率1ケタ台で低迷する可能性も」(同)  前評判に反し、早くも雲行きが怪しくなってきた『心がポキッとね』。今後、さらに苦戦を強いられそうだ。 続きを読む

柴咲コウ『○○妻』最終回が“酷評祭り”、まさかの“死亡オチ”に「雑すぎる」「遊川脚本は見ない」【日刊サイゾー

shibasaki0115.jpg
 18日に放送された柴咲コウ主演連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)の最終回に、「最後まで見て損した」などと酷評が殺到している。  同作は、同局で2011年に放送された連続ドラマ『家政婦のミタ』で脚本を手掛けた遊川和彦氏によるオリジナル作品。柴咲の連ドラ単独主演は、これが初となる。 続きを読む

山口智充ドラマ『保育探偵25時』がゴールデンで視聴率3%台連発中、『夫のカノジョ』をも下回る歴史的惨事【日刊サイゾー

hoikutantei0310.JPG
テレビ東京『保育探偵25時~花咲慎一郎は眠れない!!~』公式サイトより
 13日に最終回を迎える山口智充主演の連続ドラマ『保育探偵25時~花咲慎一郎は眠れない!!~』(テレビ東京系/19時58分~)の視聴率が、記録的惨敗を喫している。  原作は、柴田よしきの推理小説『花咲慎一郎シリーズ』。過去に、高橋克典主演でドラマ化されたことがあるが、連ドラ化は初。山口は、保育園の園長でありながら私立探偵という“保育探偵”を演じ、シングルマザーの貧困問題や、母親の育児放棄、保育園不足による待機児童問題などの社会問題をテーマに、主人公の奮闘ぶりが描かれる。共演に黒谷友香、中村俊介、鹿賀丈史、白石美帆ら。 続きを読む

「『半沢直樹』ヒットは大まぐれ!?」不振のTBSが“歴史的ドラマ枠”を廃止したワケ【日刊サイゾー

sugiyama0218.JPG
TBS『警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル』公式サイトより
 ドラマ不振にあえぐTBSが、1956年4月から続く月曜夜8時台のドラマ枠を廃止することが分かった。  過去には、『水戸黄門』シリーズや、『大岡越前』シリーズ、近年は佐々木蔵之介主演の刑事ドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~』が好評を博し、第6シリーズまで放送されていた。 続きを読む

日テレ連ドラ『Dr.倫太郎』主演は堺雅人!「水10対決」惨敗中のフジ、早くも“負け戦”決定か?【日刊サイゾー

sakaimasato0618.jpg
 柴咲コウ主演の『○○妻』が好調な日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(水曜22時~)で、4月から堺雅人主演『Dr.倫太郎』がスタートする。  脚本は、NHK朝ドラ『花子とアン』や、テレビ朝日系『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の中園ミホ。堺は、天才的な洞察力と人間力を持つスーパー精神科医を演じる。 続きを読む

アノ新垣隆氏も参加! フジの“便乗”ドラマ『ゴーストライター』初回に「脚本が秀逸」と賛辞【日刊サイゾー

go-sutoraita-0114.JPG
フジテレビ『ゴーストライター』番組サイトより
 13日にスタートした連続ドラマ『ゴーストライター』(フジテレビ系/火曜21時~)が、「じわじわ面白い」と評判だ。  同作は、中谷美紀演じる天才売れっ子小説家が、周囲のプレッシャーに負け、ゴーストライターによる執筆に手を染めていく物語。ゴーストライター役に水川あさみ、編集者役に田中哲司、三浦翔平、菜々緒ほか。 続きを読む

TBS“火10”でまた大惨敗! 堀北真希『まっしろ』初回7.9%「病院版大奥」宣伝のウソとは?【日刊サイゾー

masshiro0114.JPG
フジテレビ『まっしろ』番組サイトより
 堀北真希主演の連続ドラマ『まっしろ』(TBS系/火曜22時~)が13日にスタートし、初回平均視聴率7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。裏番組の草なぎ剛主演『銭の戦争』(フジテレビ系)第2話の11.9%を下回った。 続きを読む

大ヒットドラマ『ドクターX』続編未定の裏に、米倉涼子の結婚問題が……【日刊サイゾー

51ONSuvGEML.jpg
『ドクターX~外科医・大門未知子~3 DVD-BOX』(ポニーキャニオン)
 米倉涼子主演の連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)が、今期ダントツの視聴率を記録し、終了した。全話で平均視聴率20%超えを記録。18日放送の最終回は平均視聴率27.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を叩き出し、今年7月クールのフジテレビ『HERO』の初回26.5%を上回り、今年放送された全ドラマの1位に輝いた。 続きを読む

沢尻エリカ『ファーストクラス』が“ドン底”5.1%……好評前作から「何を間違えたのか」【日刊サイゾー

sawajiri1127.jpg
 ファッション業界を舞台に、女性同士の足の引っ張り合いを描く同作。4月クールで深夜に放送された前作は、「面白い!」と熱い支持を獲得。視聴率も伸びを見せ、最終回では23時台ながら2ケタと大健闘した。 続きを読む

『ぬ~べ~』アンチに、プロデューサー反論「ネットと関係なく純粋に観る視聴者は違う」→また炎上【日刊サイゾー

jigokusensei1022.JPG
日本テレビ『地獄先生ぬ~べ~』番組サイトより
 ネット上で酷評が相次いでいる連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)だが、プロデューサーの発言が物議を醸している。  同ドラマは、物語の舞台を原作通りの小学校ではなく、高校に変更。日本古来の妖怪・雪女を、元KARAの知英(ジヨン)が韓国語なまりの日本語で演じ、巨乳のヒロインをスレンダーな桐谷美玲が演じるなど、原作ファンから反感を買っている。 続きを読む

新着情報


ジャンルから記事を探す

タグクラウド

00芸能 5時に夢中 11【美女ギャラリー】 12 AKB48 012ドラマ AKB48 FIFA ワールドカップ 2014 NHKスペシャル Rの法則 TV特番 おぎやはぎのメガネびいき ごきげんよう その他 その他の特番 アイドリング アイドル アウト×デラックス アッパレやってまーす! イベント グラドル ジャニーズ関連 スタジオパークからこんにちは スポーツ ダウンタウンDX テラスハウス ドキュメント ドラマ ドラマ総合 ナカイの窓 バイキング バラエティ動画 バラエティ>その他 ヒルナンデス ワイドナショー ワールドビジネスサテライト 中居正広のミになる図書館 女性芸能人>その他 未分類 無料動画まとめ 熱愛・破局・結婚 爆笑問題カーボーイ 特別番組 話題・疑惑・事件・事故 音楽 AKBグループ関連