まとバラ > 木下優樹菜、辻希美、福田萌、優木まおみ“ママタレ炎上四天王”は、なぜ嫌われる?

木下優樹菜、辻希美、福田萌、優木まおみ“ママタレ炎上四天王”は、なぜ嫌われる?

公開日:
未分類
mamatale0525.jpg
木下優樹菜オフィシャルブログ/辻希美オフィシャルブログ/福田萌オフィシャルブログ/優木まおみオフィシャルブログ より
 ここ最近の芸能界において、“ママタレ”というポジションの争いは熾烈を極めている。これといって特徴のないタレントにとって、“ママ”であることはタレントとしての商品価値を高める好材料。  だが昨今、そうしたママタレたちのネット上での炎上騒ぎが相次いでいる。彼女たちは、なぜネット上で嫌われるのか。“ママタレ炎上四天王”といわれる木下優樹菜、辻希美、福田萌、優木まおみに焦点を当てて考えてみたい。 ●ヤンキー上がりの口の悪さが災い!? 木下優樹菜  自身のファッションブランド「Avan Lily」も好調なユッキーナ。彼女が招く炎上事件は、ヤンキー上がりだからこその口の悪さが元凶のようだ。Instagramで手料理の画像をアップし、「赤と緑が足りない」と指摘されれば「ごはんのせたらダメ出しきた…赤と緑たりなくてゴメンなさいww爆笑!」と当該人物のスクリーンショットを掲載し、アカウントを晒す反撃に。また先日は、夫であるFUJIWARAの藤原敏史に街中でタメ口で接触してきた一般人に対し、ガチ切れ。「オメーの名前一生忘れねーから」「次やったらマジで許さねぇ!」と、軽い気持ちで接触したであろう一般人を震え上がらせる激怒っぷり。こうした絡まれればすぐ反応してしまうヤンキー気質や、言葉遣いの悪さに嫌悪感を持つ人も多いのが炎上する原因かもしれない。 ●非常識すぎる行動が毎度物議を醸す、辻希美  夫であるタレントの杉浦太陽との間に3人の子どもを持つ辻。招待客としての結婚式への参列に際して絶対的なタブーとされる白ワンピの着用や、葬儀の際のどでかいリボンのヘアアクセサリーなど、一般常識とはかけ離れた行動が問題視され、たびたび炎上の憂き目に。最近では「抱っこひもで歩きながら授乳している」と夫が告白し、「ありえない」「窒息するかもしれないのに」などの批判が殺到。この一件からしても、辻の行動や発言が炎上する理由は常識のなさといえるだろう。無知であること、危険予測ができないことなど、叩かれる材料としては十分すぎる。 ●優秀すぎるがゆえ!? 高学歴ママタレント福田萌  横浜国立大卒のタレント、福田萌。つい先日も、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で自身について「私たち夫婦は、自分の力で学歴をつかみ取ってきたという誇りがあります。親が用意してくれた道を歩んだわけではなくて、努力の証明書として学歴がある」と発言。夫、オリエンタルラジオの中田敦彦は慶応大卒で、夫婦共に高学歴であることでも知られているが、前出の発言が自慢であるとして非難が殺到する結果に。学歴がある、それは事実ではあるが、自分で言うのはいかがなものか。計算しての発言には思えないため、今後もポロッとヒンシュク発言が出そうな予感……。 ●プライドの高さがにじみ出る、元祖エロかしこい系タレント優木まおみ  過去に雑誌のインタビューで「子どもができたら仕事がなくなるかも、私の存在意義が子どもだけになるかも、女として終わってしまうかも……」と発言し、「子どもを産んだ女性は女として終わってるってことかい!」と猛批判を浴びた優木。東京学芸大卒の“エロかしこい”タレントとして世の中に出てきた割には詰めの甘い発言が多く、またそのせいでたびたび炎上事件を起こしている。つい最近では、Instagramに1歳になったばかりの娘が、うどんを食べている画像と動画を投稿。この時期の子どもには短くカットして食べさせるのが常識で、心配した読者たちが「うどん長すぎー短く切ってあげてー」などのコメントを上げた。すると「画像のうどんはちぎって遊ぶ用」であると反論。「周りにママ友もいて、たくさん相談しながら、楽しみながら子育てしてるので、あんまり一枚の写真や、数秒の動画に過剰な反応しないでもらえると、これからも気軽に子育て日記をアップできてありがたいなぁと思います」と牽制。その後、該当動画を削除した。スルーすればいいものを、ひとこと言いたくなってしまうその稚拙さ、そしてまたその言い訳を批判されるという無限ループ。言葉尻が丁寧なだけで、ユッキーナと精神性は変わらなさそうである。  こうして見てみると、“炎上ママタレ”にはナチュラルおバカ系とプライド高い系という2つのパターンがあるようだ。何か発言すればすぐにネットが騒ぎ出す昨今。私生活の切り売りで活動するママタレは、飾らず、親しみやすく、いかにして好感を得ようか……と腐心しているようだが、実際のところ、そのバランスはかなり危うい。ギャーギャー騒ぐ一般人がうるさいならば、すべてのブログやSNSを非公開にするべきだが、そうなるとママタレとしての親しみやすさは望めない。好感度こそが、タレントとしての最大の武器である“ママタレ”たち。“炎上四天王”から最初に脱却するのは誰だろうか?

参照元情報

参照サイト 日刊サイゾー
サムネイル
URL
http://www.cyzo.com/
該当記事

日刊サイゾーの新着情報

  • カテゴリ:未分類

新着情報


ジャンルから記事を探す

タグクラウド

00芸能 5時に夢中 11【美女ギャラリー】 12 AKB48 012ドラマ AKB48 FIFA ワールドカップ 2014 NHKスペシャル Rの法則 TV特番 おぎやはぎのメガネびいき ごきげんよう その他 その他の特番 アイドリング アイドル アウト×デラックス アッパレやってまーす! イベント グラドル ジャニーズ関連 スタジオパークからこんにちは スポーツ ダウンタウンDX テラスハウス ドキュメント ドラマ ドラマ総合 ナカイの窓 バイキング バラエティ動画 バラエティ>その他 ヒルナンデス ワイドナショー ワールドビジネスサテライト 中居正広のミになる図書館 女性芸能人>その他 未分類 無料動画まとめ 熱愛・破局・結婚 爆笑問題カーボーイ 特別番組 話題・疑惑・事件・事故 音楽 AKBグループ関連