まとバラ > 故・萩原流行さんの交通事故死が法廷闘争へ “捜査がぬるすぎる”警察護送車との関連明らかに?

故・萩原流行さんの交通事故死が法廷闘争へ “捜査がぬるすぎる”警察護送車との関連明らかに?

公開日:
未分類
hagiwaranagare0520.jpg
FNNnewsCH『萩原流行さん死亡事故 バイクが警視庁の護送車と接触(15/04/23) - YouTube』
 4月22日に東京・杉並区の青梅街道で発生した俳優・萩原流行さん(享年62)の交通事故死が、法廷闘争に持ち込まれる可能性が出てきた。  警視庁高井戸署の護送車が車線変更しようとした際、萩原さんのバイクが転倒。後続の乗用車にひかれ、死亡した。そのため、事故の原因とされる警視庁を、萩原さんの妻・まゆ美さん(62)が民事・刑事、双方で提訴する意向だという。萩原さんの弁護士が一部スポーツ紙に明かした。この弁護士がなかなか個性的な人物ということで、報道陣の間で話題になっている。 「今月14日に事故現場で警視庁による実況見分が行われましたが、萩原さんの弁護士が事故現場脇の歩道でウトウト眠っていたというんです。弁護士は76歳と高齢で、まゆ美さんが気遣って近くの雑貨店でイスを購入し、それに弁護士は座っていたらしい。昼過ぎのポカポカ陽気に誘われて舟をこいでいたようです。局内はこの話題で持ち切りです。弁護士はその少し前まで、実況見分で鋭く目を光らせ、『この捜査はおかしい!』と警視庁に猛抗議していたそうだけど、この姿自体、弁護士としては異例。よほど納得できなかったのでしょう。その疲れからか、居眠りしたようだ」(ワイドショー関係者)  かと思えば、夕方ごろに復活。 「近隣の店をくまなく回り、精力的に聞き込みしたようです。ご老体にもかかわらず、あまりの熱心な姿に、住民は困惑していたとか」(同)  一方、こちらも報道陣の間では個性的なキャラで知られる、まゆ美さんにも変化があった。これまでは丁寧に取材対応したり、逆に取材対応を控えたりと日によって報道陣への態度が変わっていたが、今後は積極的に露出する方針を取るという。 「警察への不信がついに爆発したのか、実況見分の現場で警視庁担当者に対し『もうあなたとはしゃべりたくない!』と激怒。片や報道陣には『取材には、なんでもしゃべります! よろしくお願いいたします!』と声を張り上げたそうです。現場近くのコンビニで買ったのか、報道陣にコーヒーなど差し入れもしていたみたいです」(週刊誌記者)  まゆ美さんは事故から3日たった先月25日にも、報道陣を驚かせている。萩原さんが10年来かわいがっていた吉川龍という若手俳優を、萩原さんの芸名「流行」と本名「光男」から1文字ずつ取り「吉川流光」と改名させる意向を明かしたのだ。まゆ美さんは「私の生きがいにしていきたい。今度はこの子のために生きていこうと、前向きになることができました」とまで宣言。報道陣の目を白黒させた。 「まゆ美さんの取材対応は、芸能人の遺族としては実に珍しい。でも、愛する夫の死の真相が闇に葬られるのは当然許せないでしょう。だから警察側と徹底的に闘う構えのようです。警察側の捜査が、あまりにぬるすぎるのも事実ですから」(前出の週刊誌記者)  警察相手に大立ち回りを演じるまゆ美さんと、熱血漢のベテラン弁護士。この2人がコンビを組んで法廷に乗り込むとなれば、提訴される警視庁も事故の真相と責任をうやむやにして逃げることなどできなくなりそうだ。

参照元情報

参照サイト 日刊サイゾー
サムネイル
URL
http://www.cyzo.com/
該当記事

日刊サイゾーの新着情報

  • カテゴリ:未分類

新着情報


ジャンルから記事を探す

タグクラウド

00芸能 5時に夢中 11【美女ギャラリー】 12 AKB48 012ドラマ AKB48 FIFA ワールドカップ 2014 NHKスペシャル Rの法則 TV特番 おぎやはぎのメガネびいき ごきげんよう その他 その他の特番 アイドリング アイドル アウト×デラックス アッパレやってまーす! イベント グラドル ジャニーズ関連 スタジオパークからこんにちは スポーツ ダウンタウンDX テラスハウス ドキュメント ドラマ ドラマ総合 ナカイの窓 バイキング バラエティ動画 バラエティ>その他 ヒルナンデス ワイドナショー ワールドビジネスサテライト 中居正広のミになる図書館 女性芸能人>その他 未分類 無料動画まとめ 熱愛・破局・結婚 爆笑問題カーボーイ 特別番組 話題・疑惑・事件・事故 音楽 AKBグループ関連